〘 映画を観た方の感想 〙

 

 

大人の方の感想

 

🍀「障がい=かわいそう」ではない。「障がい」という言葉を社会から無くしたい。
このようなさくらさんの想いに心から共感しています。
障がいのある・なし関係なく、お互いに気持ちよく関わりあえる
社会づくりを自分ができるところから行っていきたいと思います。

 

 

🍀“今を生きる”ということの大切さを気づかせてくれました。
障がいの有無に関係なく、大事なことに気づかせてくれました。

私にも病気は違いますが、生後一ヶ月まさに一ヶ月検診の前日に脳炎といおう診断を受け
現在は左側マヒではありますが、幼稚園の年少として通っています。
心の葛藤、揺れ、今でもはっきりと思い浮かべる事ができます。
この映画では共感する所がビックリする程ありました。

そして、真心ちゃんの病気の事を以前より知る事が出来て本当に良かったです。
大切な命の為に、これからも笑顔で、笑い声のある毎日を過ごしていきたいと改めて思いました。

 

 

🍀福祉の業界にいる者の一人として、さくらさんの伝えたいメッセージって声を大にしてもっと伝えてほしい!って思います。
「専門家」といわれる人が100回伝えるより、当事者家族の声は偉大!

 

 

🍀まこちゃんの笑顔はとても素敵でご家族のみなさまも明るくて私もいっぱい元気をもらいました。
同じ親としてこれからも幸せな家族を大切に...私も今日から3人の子どもたちのお母さん頑張ります。

 

小学生の感想


 

👧私が今、何の病気にもかかっていなくて全ての場所が動くこと、家族やいろいろな人に感謝しなければならないと思いました。生きた時間よりも、どのように生きたかの方が大事なんだと思います。これからも笑顔いっぱいに生きて行こうと思いました。

 

 

👧加藤さんのお母さんが言っていた「死ぬとき後悔しないで笑って死にたい」はすごく私の心に残りました。
私 は今やっていることがわからなかったり、なんでやっているのかわからないことが何回もあったので、加藤さんのお母さんが言っていた言葉は、私たちがやって いることは未来で使ったり、あの時あんな勉強をしていればよかったと思って後悔しないためなのかな、とあらためて思いました。

 

 

👧一番印象に残っているのは、まこちゃんが車イスの車輪を手で回している所です。
まこちゃんが必死に生きようとしている姿を見て、とても感動しました。涙が出てきてしまいました・・・


まこちゃんが笑顔だとつい私も笑顔になってしまいました♥ 
まこちゃんの笑顔には人々を笑顔にさせる特別な力があるんだと思います!
なので、DVDでも言っていた通り、顔の筋肉だけは・・と私も思いました。

このDVDをみて、私は命の大切さを学びました。

この世界には障がいを持った人がいますが、私たちもそのことを知っておかなければなりません。
そして、命の大切さを気づかせてくれた真心ちゃん、ご両親、本当にありがとうございました。

 

 

👦ぼくはえがおのローソクを見て、世界にも悲しい病気があることを知ってすごくおどろきました。
このビデオをみて、産んだ人は悲しいと思うけど、がんばって育てていくことがすごく印象に残りました。
産まれた子どもも必死にがんばっているので、ぼくももっとがんばらないといけないと思いました。
【途中省略】
絶対にあきらめないこと、なにごともがんばってやることを学び、協力してとりくむことを知りました。
これからもがんばって心強く生きて行きます。

 

 

👧わたしはえがおのローソクをみて、2つ大切なことがわかりました。
一つ目は、生きるということです。
わたしは今まで不自由なくくらしていて、なんとも思いませんでした。

けれど、えがおのローソクをみて、生きたくても生きられない、そういう人がいるのだとわかりました。
なので私はその人たちの分まで生きなくてはいけないと思いました。

二つ目は、夢をあきらめないことです。
「もうすぐそばに死があるかもしれない、けれどその日までせいいっぱい生きよう」
そういう夢をあきらめないところがすてきで大切だと思います。

私はその二つを大切に生きていこうと思います。
わたしにそういう気持ちを与えてくださり、ありがとうございました。
これからもがんばってください。